スキバルを使ったブックカバー!


今日はお客様のご要望でカルトナージュのAi先生による「ブックカバー」ワークショップがありました。

内生地と外表紙のスキバルはお客様が選ばれました♪いい感じに仕上がってますね! お気に入りの本に合わせて

オリジナルのブックカバー。。。kindleもいいけれど、一枚一枚めくって読み進める本。左手の持つ厚みが薄くなっていくと 終わりに近づくのがなんだかさみしくなる。。。近代化もいいけれど、同じ本を読むのなら 同時にいろんな感情も味わえる本がやっぱりいいかなぁ~♪

お疲れ様でした~~~💛

 

3/16★カルトナージュでマイボードを(^^♪


カルトナージュ教室は参加ご希望の方からご連絡いただけたら、お一人様からでも参加していただけるシステムになっています。参加される方と先生とのご希望日がマッチすれば決行となります。今回はクリップボード制作ご希望で昨日16時から開催させていただきました。春らしい黄色と通年使っていただける素敵なリバティのお花柄。後ろにはポケットもついています。私もこのクリップボードのミニ版を使ってますが、とっても書きやすく使いやすいです!何といっても 可愛いオリジナル小物なのでテンションが上がりますよね~。楽しい工作感たっぷりのカルトナージュ、いかがでしょうか?

2/6 カルトナージュで手帳カバーを作ろう!


 

Ai先生のカルトナージュは作りたい方のお日にちと先生のご都合をあわされてレッスンが可能です。何とお一人から可能なのですが、この日はお2人でご参加してくださいました。朝、テレビでやってましたが、外人さんからみた日本の変なところ。。。①CDが売れること。。。最近海外ではCD自体がレコードと同じ扱いになってるようですね~。最近は音楽配信がほとんどですもんね。 ②手帳を持つこと。。。。デジタル化が進んでいる海外において、文字を書く。。ということが不思議なことのようです。 履歴書も同じらしいです。 

そんな中、海外の時世に逆行するかのようなこの手帳カバー作り。 結局手帳を付ける利点は 日記と同じ感覚で扱えるということ(後で読み返せる、、その時の感情とかも思い起こせる)、 手帳を付ける際のイベントに思いを込めて書き込める(携帯だったら味気ない。。)などがあるようです。 日本人には日本人にあう感性があるので時代に流されるだけでなく、自分スタイルの心豊かな生活を送っていけたらいいですね!

、、、ということで、今回の手帳カバー作り。スキバルという革にも見える硬い紙を使って作ります。お色や、イニシャルも事前にお聞きして先生にご用意していただきます。

中の生地も選んでいただいたもので♪ お使いの手帳に合わせたサイズ変更も可能ですので事前にお知らせくださいね!花柄のとってもとってもかわいい手帳カバーが出来上がりました。用もないのに思わず開きたくなりますね!

12/20 カルトナージュ 手帳カバー作り


アトリエチャット通信に載っていませんでしたが、お客様からのお申込みでカルトナージュレッスンがありました。今回のご希望は手帳カバー! 先生はAtelier AIさん。ベルギーに5年おられた時にカルトナージュレッスンを受けられたそうです。センスも素敵ですが、かっちりと作られた作品の完成度が高いことにびっくりです♪素敵ですね。 さて、このカルトナージュのワークショップですが、表紙部分(スキバル地)、合わせる中生地は事前にお聞きして先生にご用意したいただいたので 当日は貼るところから始まります。 生地はリバティなどの輸入生地や国産物など選ぶのが大変なのですよね~~。イニシャルもきれいに浮き上がってます。横から見た時のチラ見せ生地が何とも言えずおしゃれ^^ 毎年同じスケジュール帳など使われている方にお勧めです。 またこのサイズは小さなサイズのノートが入るようになってますので ちょっとした打ち合わせなどに使われてもいいですね! もちろんプレゼントにもいかがでしょうか? 私も作ってみたい~~!という方はスタッフまでお問い合わせください。 先生とお日にちがあえば お一人様からでも作っていただけます。

ワークショップカレンダーには載ってませんが、、、


来週20日はAtelier Aiさんのカルトナージュワークショップで手帳カバーを作られます。 (20日は満席となっております。)今回もそうでしたが、来年からAtelier Aiさんのワークショップは 先生とのご都合がよければ 最低お一人からでも カルトナージュのワークショップに参加していただけるようになります。 詳細はまた後日お知らせさせていただきます♪ 興味のある方は是非スタッフまでお声かけくださいね^^

オーダーいただきました♪


今年の5月、式を挙げられる娘さんのためにお母様が年明けくらいから準備をされてきました。今回アトリエチャットではウエディングブーケ、リングピロー、ブートニア、ヘッドドレスをオーダーいただきました。リングピローはボックスの部分はカルトナージュのAI先生、お花の部分はsketch先生に担当していただき、お母様とイメージを相談されて何度も打ち合わせを重ねて作り上げられていきました。ウエディングブーケはお母様が作られるお手伝いをskech先生がしてくださいました。買われたものでももちろん素敵ですが、お母様の心のこもった手作りのモノたち。。。式の終わった後でも意味のあるモノとして大切にしてくださると思います♪
どうぞお幸せに~^^